スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十二胸椎圧迫骨折 その7

平成22年5月11日(火)

ああー助かった。
骨折以来6日目にして、やっとお腹が軽くなった。
これで、汚いお話はもう載せなくてもよくなったね、まま。(笑)
一番の効き目は何かな?
そうそう、起きがけの牛乳が良かったのかもね。
ままは早くに寝るから4時~5時には音が覚めて、まずトイレに行って、それから、
冷蔵庫まで重い身体をヨイショヨイショ杖をつきながら行くと、冷えた牛乳を
噛まずに一気飲みしていたものね。
それが多分功を発したのかなと思うよ。
ただでさえ、痛いのにお腹の痛みが無くなって本当に良かったね。



平成22年5月12日(水)

今日は朝から雨模様。
少し寒い感じがする。梅雨ざむ?
怪我をしてから今日で何日目かな?
12-5 =7日目そう一週間にもなるのね、とままは、しみじみとカレンダーを見つめながら
思った。
食事とトイレ以外は寝たきりだから、足の筋力が衰えていると思う。
だけどまだ痛いし運動は無理をしない方がいいかな?
先生にイラスト付きの筋力快復運動を裏表に記載したA4サイズの用紙を1枚もらった
けれど、まだその運動をやるには厳しすぎる。
だいたい、この運動はいつから初めて良いのやら?
詳しくは教えてくれなかったし・・・
今度の診察は20日だから、その時に聞いてみよう。

日々、痛みは少しずつ和らいでいるような気がする。
ズーンという鈍痛と時折襲うピ リッとした痛みは複雑な今までにない痛みだ。。
日中はベッドで寝たまま本を読んだりゲームをしたり・・・
気がそちらの方に行って紛れるものの、夜中は知らない間にうなされている。

ままは、時折自分の声で目が覚めるようだ。
覚めるのは大体夜中の1時前後。
そこで、坐薬にお世話になる。。
眠り薬が多少入っているのか体がだるくなっていつの間にか寝ている。
しかし、昨夜は3時頃に目をが覚ましていた。
坐薬にきっと慣れてきたのかもしれないね。 
どうしても眠れない時には本やゲームをしばらくすることにしているようだ。
その内眠くなるしね。
入院しているとそうもいかないだろうけれどネ。
そういう自由が効くのがいいわって、ままは全ての面倒を見てくれているパパに感謝だった。



ところで、ままは文庫本を平均すると1日1冊~2冊の割合で読んでいる。
僕がベッドをチラッと見ると、必ず本を読んでいるままがいた。
まま、何度も言うようだけど本が大好きで良かったね。
そうでなければ退屈病が併発していたかもしれないよね。
「本を持って行ってあげるよ」
といつも回し読みをしている本好きな会社のSさんから電話があった。
「いやあー、来ていただいてもお会いできる状態ではないので、お気持ちだけ頂いて
おきます。」
そう、ままはお返事していた。
そうだよね、ひどい顔をしているからね。
そんな顔は誰にも見せられっこないよね。

今読んでいる海外小説・・・

アンドリュースの本の中でこんなフレーズがーーー

いい廻しがとても面白い!♪

「私たちはいい子でいるし、二十日鼠のように静かにし天使のように決められたルールに
従うと約束した。」

「静かな流れほど深いものよ。

物静かな人は、その表面の下に何を持っているのだろう。」

「虹の向こうには金の壺があるという。。
でも虹ははかなくて薄い・・・金はずっしりと重いのに・・・
世界が始まった時から、金はほとんどあらゆることの動機だった。」


蝶を撮るのに成功!

「夏の間は夏が一番好きだし、秋になると秋が一番だと思うよ。
冬になっても冬が一番気にいるし、春になればなったで春が一番好きだと思うんだ。
彼は今現在のことに全力を尽くす そしていつも今が一番だと考える。
それがどんな状況でも、どんなに奇妙 に思われることにもすべて理由がある。
そして、どんなことも大抵うまく行くのさ。」

この最後の言葉なんて、正にままが今思うことだった。
季節の内で一番好きなのは?って聞かれても答えることができないまま。
選べないんだよね。
春は暖かく新緑が萌え、花々はきれいに咲き乱れ、秋は爽やかな涼風が吹き、あの枯れた
樹木だって紅葉で山々が美しく空に映え、ま寂しげな風情は「わびやさび」という日本情緒を
醸し出しす。
どちらも甲乙つけがたし。


5月に撮った写真でごめんなさい!あまりにきれいだから~♪

そして、夏と冬だって、あの大らかな開けっ広げな解放感と自由を感じさせる真夏の
太陽の夏は、限りなく汗をかけども、シュワーッと飲み干す冷たいビールの咽ごしは
大好き好きだし、冬のあの枯れ葉散る中をコートに身を包まれザクザクと足を
踏みしめながら、それでも寒さをこらえて、ちゃんと前を向き歩くという、そのしぐさが好きだし、
あっはっはっ~~
どうしてもアルコールが出てきてしまうけれど、障子越しに綿雪が舞い散るのを眺めながら
飲む雪見酒なんて最高だし・・・
どの季節をとってみても、其々の良さがあって、いつが好きだなんて、決められないのだ。

まあ、この小説で語られた、季節の例えは多少意味が違うけれどね。
要するに、どんな状況下でも「きっと、うまくいくさ!」というその心意気がままは
お気に入りだったということなのさ。

そうだよね。
こんな大怪我をしてしまったけれど、きっとうまく行くさ!
ねっ、まま!

ところで、今日メルメルさんとクレージュさんからままに素敵なオレンジメントガ届けられたよ。
枕元でかわいく佇んでいるお花を見るたびにままは癒された。
香りもいいし、色も優しいピンクのお花だ。
ままはとても嬉しそうで今日は特にご機嫌だったよ。(笑)


ありがとうございました。<(_ _)>

テーマ : パピヨン
ジャンル : ペット

Comment

非公開コメント

プロフィール

やしのみ

Author:やしのみ
FC2ブログ
「ハッピー物語」へようこそ!
僕の名前:ハッピー
僕が生まれた日:2001年6月25日
犬の種類:パピヨン。
毛の色:白黒
好きなこと:お散歩がなんといっても一番大好きなんだあ。
辺り一面咲き乱れている草花をくんくんするのって最高だよ~♪

やしのみままが僕になり代わり、言いたい放題、やり放題のこのハッピー物語。
僕がやしのみままになり代わり、言いたい放題、やり放題のこのハッピー物語。
しあわせな日々を送るのって難しいけれど、でもね、努力って大事だよね。
イッチニイッチニで頑張ればいいことあるよね。
きっときっとね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Home Page☆やしのみ☆
Since 23.March.2003
やしのみのお部屋へようこそ


僕の宝物なんだよ。ぜひこちらにも遊びに来てね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。