スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この世のミステリアスでファンタスティックなもの

おばあちゃんの退院が延びている。
当初は2週間の予定だったのに、怪我とは違い脳梗塞による歩行困難だから、また
少し違うようだ。
このままだと長引きそうだから、前回お世話になったリハビリ専門の病院へ空きができたら
移転することができるようにままの妹が手配をしてくれた。
まま、頼りになる妹がいて良かったね。
だからって、甘えてばかりいちゃだめだよ。
院長先生のお話によると年齢を重ねる毎にこのようなことがこれからは多くなり、
特別養護ホームの手配も考えた方が良いと勧められ、そちらも現在お世話になっている
系列の施設であるニ箇所に同時に申し込みをした。
どちらも300~400人待ちだから、いつ入ることができるかは気が遠くなる話だけれど・・・
ただ系列の施設だから、優遇はしてくれそうだ。
認知症の方もかなり進んでいるから、日曜日もままはおばあちゃんに特訓だったそうだ。
お魚の名前をあいうえお順に言ったり、植物の名前を季節ごとに言ったり、そしてそれをノートに
記入する。
手順は前回の時と同じだけれど、前回すっと言えたことが言えなかったり、逆になかなか
言えなかったことが言えたり・・・
脳のしくみってわからないね。
帰り際に、疲れたでしょうけれど、これもお母さんの為だからって言うと、おばあちゃんは
にっこりして頷いたそうだ。
分っているんだね。
おばあちゃん、お疲れ様でした。



さて、行き帰りの電車の中ではままはいつものように動く図書館で、今日は先週から読んでいる
宮本輝著「ドナウの旅人」の上巻を読み終えた。
久方振りに読み返したけれど、この本は平成9年に読んでいるからもう14年も経っている
わけで、おぼろに覚えてはいるけれど、なんだか新鮮な気持ちで読むことができたようだよ。
しかも、感じ方も違って、見えない部分が見えてきたようなそんな感じらしい。
たくさん付箋をつけた部分や簿アンダーラインを引いた箇所があったけれど、その部分は
確かにふむふむと思えたらしいけれど、また新たにこんなこともあんなこともと心に響く
部分があって、更に宮本輝ファンになったままだった。


窓辺にグリーンのカーテンを!ただじゃあすませぬ、実益兼ねて我が家の自家製きゅうりが実りましたよ~♪

別れた恋人と再会し結局よりを戻し、結婚を約束している二人のこんな場面。
「シギィ、とても元気ね。私もう帰りたい」
「いつでもお帰り下さい」
一歩大きくうしろにさがり、シギィは微笑みながら両手を広げた。
そう、いま、帰るところは、ここしかない。麻沙子はシギィの腕に両手を巻きつけ、顔を
うずめた。
「ミステリアスだな」
「何が?」
「何もかもが」
「シギィの青い目もミステリアスよ」
「マサコの黒い目もミステリアスだよ」
「風が吹くのも、花が咲くのも、木の葉が枯れて落ちるのもミステリアスでファンタスティックね」
「この世に、ミステリアスでファンタスティックじゃないものなんて、何一つないさ」


ほれ、こんなに大きくなっちゃってー!

断片だけを言ってもきっとわかってもらえないかもね。
でもね、なんとなくままはよし、今日はこの部分をブログに載せようと思ったらしい。
だから、チンプンカンプンかもしれないけれど、許してね。

なんとなくニュアンスなんだよね。これってね。
僕はすこうしだけままの気持ちがわかるような気がした。
すべてすべて素直に自然のままに受け入れること、
こういうことじゃないのかなあ?

おばあちゃんが大変だ。
今は本当にこのことがままの心を悩ましている。
勿論パパも僕もみ~んなね。
でもね、年を取るってことはこういうことなんだよね。
みんなが通る道なんだよね。


ついでに、蓮のお花も買ってしまったー とい言ってもまだ咲いていないけれどね(^_^;)

いつまで生きるんだろうねえーっておばあちゃんがしみじみ言った時に、ままはこう言った。
「そんな悲しいこと言わないの!神様が与えてくださった命なんだから、一生懸命に寿命は全うしなくてはね。頑張ろうね、
お母さん!」ってね。

そうさ、この世は実にミステリアスでファンタスティックなものなのさ。
まだまだわからないことだらけなのさ。
この先何が起きるかわからないけれど、自然に受け入れること。
素直に受け入れること。
そして、前を向いて進むのさ。
ハッピー♪ハッピー♪という気持ちでね。

テーマ : パピヨン
ジャンル : ペット

Comment

なすがままにこれもミステリアスな世界・・・

ハッピー君、( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

おばあちゃんのこと心配だね。。。
でも懸命にリハビリなさってる姿はとても羨ましいです。。。
おばちゃんのお母さんは人工透析になったことが引き金で認知症になったのだけどリハビリをとても嫌がって…透析が辛いから仕方ないのだけど認知症もドンドン進んで最後はおばちゃんのこともわからならくなってしまって・・・
でも分からなくなるってある意味幸せなことなのかもって最後には思いました。

今起きてることもこれから起こることも必然的に起きることで・・・それらに無駄なことなど一つもないでしょうけどミステリアスでわからないから生きていけるのかもね。。。
何事もなすがままに自然体で。。。おばちゃんもそう思います。

おばあちゃん、お大事にね。。。頑張り屋のおばあちゃんだものきっと元気になられるよ~o(*^▽^*)o~♪

ゆきえおばちゃまへ

ゆきえおばちゃま、おはようございま~す(*^。^*)

昨日はね、ままは久しぶりに会社の人たちと飲み会だったんだ。
もう帰るなりベッドにゴロンだったよ。
もちろん、ご仏壇のお参りはちゃんと済ませてからだけどさ。
今日もありがとうございますってね。

おばあちゃんのこと、いつも心配して頂いてありがとうございます<m(__)m>
大分ベッドから起き上がるのが早くなったけれど、まだ歩行の方が困難で、今後のリハビリ次第なんだよね。
ゆきえおばちゃまのお母様は痛い思いをしたのですね。
分からなくなるということは、そうだよね、考え方によっては幸せなのかもしれないけれど・・・
欲を言うとキリがないよね。

人生はミステリアスでファンタスティックなもの。
ゆきえおばちゃまもそう思う?
さあ、今日は何が待ち受けているんだろうか?

*会社からお返事してねって頼んだんだよ~(*^。^*)

非公開コメント

プロフィール

やしのみ

Author:やしのみ
FC2ブログ
「ハッピー物語」へようこそ!
僕の名前:ハッピー
僕が生まれた日:2001年6月25日
犬の種類:パピヨン。
毛の色:白黒
好きなこと:お散歩がなんといっても一番大好きなんだあ。
辺り一面咲き乱れている草花をくんくんするのって最高だよ~♪

やしのみままが僕になり代わり、言いたい放題、やり放題のこのハッピー物語。
僕がやしのみままになり代わり、言いたい放題、やり放題のこのハッピー物語。
しあわせな日々を送るのって難しいけれど、でもね、努力って大事だよね。
イッチニイッチニで頑張ればいいことあるよね。
きっときっとね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Home Page☆やしのみ☆
Since 23.March.2003
やしのみのお部屋へようこそ


僕の宝物なんだよ。ぜひこちらにも遊びに来てね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。